薬剤師のメリットや魅力

薬剤師のメリットや魅力

薬剤師のメリットや魅力

薬剤師として活躍するにあたり、悩みがちなことといえば勤務先選びです。
ドラッグストアで働く場合や調剤薬局で勤務する場合、そして病院にて薬剤師として働く場合など、それぞれ仕事の内容や人間関係が大きく変わってくるケースも多いです。
ドラッグストアであれば比較的安定した待遇や賃金での雇用が見込めたり、日々いろいろなお客さんと会話したり関わりあいながらやりがい高い業務が行えますが、調剤のみを担当するのではなく、場合によっては品出しやレジ打ちやお店の在庫管理など、薬剤師としての業務以外にも多彩な仕事をこなす必要があったりします。
調剤薬局はドラッグストアより小規模な分、人間関係が濃密になりやすいですが、残業が少ない利点があったり、営業時間がドラッグストアより短い分ハードワークになりにくい利点があります。
病院で薬剤師として勤務する時は、看護師や医師などと緻密な連携を図ったり、薬剤師のスキルアップに非常に効果的な経験を日々重ねることが出来ます。
ただ、病院薬剤師はドラッグストアや調剤薬局での勤務と違い、ほとんどが社員による雇用であるケースが多いので、パートタイマーやアルバイトとして薬剤師を目指してる人には向かない印象が強いです。
薬剤師はただ薬の知識が有るだけでは成り立たず、お客さんの体調を配慮したり、薬の服用方法や薬についての説明を分かりやすく行ったりと、コミュニケーションが非常に重要なお仕事でもあります。
医療にまつわる仕事なので、常にコンスタントに需要が高いですし、ライフステージの変化を経ても活躍しやすい仕事なので女性からも支持されてます。
正社員としてだけではなく、アルバイトやパートとしても非常に高収入を狙える仕事です。
結婚したり子育てをしながらでも、薬剤師資格があれば就職に強いですし、パートでもまとまったお給料を手軽に稼げる利点があります。