パート薬剤師としての働きかた

パート薬剤師としての働きかた

パート薬剤師としての働きかた

私は数年前まで門前調剤薬局で事務員として働いていました。
当時薬局で働いていた薬剤師は、オーナーも含め十人。そのうち七人が女性でしたが、半分以上がパートとして務められていました。
若い薬剤師さんは少なく、ほとんどがお子さんを生んでカムバックしたという形です。
どんな職業でもそうですが、結婚出産しお母さんになると一人だった頃と比べて自由が制限されてきます。
ドラッグストアに務めているか門前薬局に務めているか、どんな病院の処方箋を主に受け付けているかで状況は全く変わってきますが、私の務めていた薬局はかなり忙しい小児科の門前薬局で毎日が激務でした。
朝九時前には薬局を開け、座る暇もなくひたすら調剤業務に追われ掻き込むようにして昼食。
一応お昼はいったん病院が閉まるのですが、その間も午前中に溜まり溜まった薬歴を書いてしまわなければいけないので、薬剤師さんが休んでいる時間などありません。
あっという間に夕診が始まりようやく終わるのは十時を過ぎる頃。
インフルエンザが流行る時期になると更に薬局は混雑します。
そんな訳ですのでいったん正社員として契約したママさん薬剤師も、パートに切り替えて勤務する方もいらっしゃったみたいです。
パートとしての時給は二千円ほど。
正社員薬剤師や管理薬剤師としての報酬は望めないものの、社員の重い責任や長時間労働からは解放されます。
子供の世話や家事があるので午前中だけ、または午後だけというパート薬剤師さんが多かったように思います。
どんな職業にしろ仕事とプライベートのバランスが極度に壊れてしまっていれば生活自体が成り立ちません。
主婦になり母親になるということはやはり人生を見直すいいタイミングなのだなと、薬剤師パートさん達と共に仕事をすることで教えられました。

関連ページ

薬剤師のメリットや魅力
薬剤師として活躍するにあたり、悩みがちなことといえば勤務先選びです。ドラッグストアで働く場合や調剤薬局で勤務する場合、そして病院にて薬剤師として働く場合など、それぞれ仕事の内容や人間関係…
笑顔の素敵な薬剤師さん
薬剤師さんは身近な存在です。病院に行くほどでもない時などは、ドラッグストアにいる薬剤師さんをとても頼りにしています。家の近くのドラックストアの薬剤師さんは、笑顔が素敵で本当に優しくて、いろいろ…
女性薬剤師がブランクを作らず働き続ける為に
薬剤師は、現場を離れた女性が結婚や出産を経た後でも復職しやすい職業の一つとなっています。短時間のパート求人も比較的豊富で、家庭との両立を目指したい女性にもお勧めの仕事だと言えるでしょう…